未分類

仮想通貨で利益を得ている企業の今後

投稿日:

2021年現在仮想通貨で利益を得ている企業群にはコンピューター用グラフィックボードを製造しているNVIDIAが2020年11月から2021年2月現在において高い収益を得ており純利益も過去最高の売り上げを上げています。その理由ですが、実はNVIDIAは過去にグラフィックボード事業で利益を得ていた最中一時的に仮想通貨を購入し、自己の資産としたことがあるのですが、残念ながら所有していた仮想通貨が値下がりをして純利益を損なうということを経験しています。

そこからNVIDIAはグラフィックボードの在り方を再度見直し、調整を施すことでさらなる仮想通貨マイニングで使用可能なものを打ち出すなどをした結果、今日に至るのです。ただ、これら利益は一時的であるとNVIDIAは判断しており、仮想通貨の値上がりやマイニングの報酬額の引き上げについては危険視しているとされます。

何故、危険視されているかですが、実はNVIDIAは過去にマイニングの報酬額が引き下げら得る前に大量の高性能グラフィックボードを生産し、在庫を余らせた経験があるのです。在庫が余ると如何に高額な製品でも倉庫を圧迫するため泣く泣く高性能グラフィックボードを格安で販売するなどをしたことがあるため警戒を続けているのです。

他にもマザーボードを製造しているASRockという台湾のマザーボードメーカーも2002年創業ながらも本社であるASUSを超える売り上げを見せるなど高い品質のマザーボードを提供することで利益を得ています。この会社は少し特殊で、元々はASUSの子会社だったのですが、独立する形で仮想通貨専用のマザーボードを作り販売したことで売り上げを伸ばし利益を得た企業になったのです。

一方でASUS自体もマイニング専用のマザーボードを作り始めたのですが、残念ながらノウハウ不足と経験値の差からASRockに差が付き仮想通貨用マザーボードの販売を縮小しました。

このように仮想通貨事業と提携する形で利益を得た企業は主にパソコン関連事業者が利益を得ており、マザーボードやCPUの他グラフィックボードなどマイニングの計算機能を強化することが出来るパーツ群を販売及び製造している会社は今後も伸び続ける可能性があり、独占して利益を得ることが出来るとも言われていますが、問題となる部分はマイニングの報酬額が下がり続けるなどマイニングをすることが利益に繋がらないとなると今後も利益を得続けるかはわからないと結論付けます。

-未分類

Copyright© すぐ稼げる!個人で始めるリモートワークまとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.