未分類

仮想通貨の未来

投稿日:

現金から電子マネーに、そしてキャッシュレスにかわり、電子マネーだけではなく仮想通貨がどんどん増えてきているのが今の現状です。
考えてみるとお金の形は時代とともにどんどん変わってくるのが実態だと言えるのではないでしょうか。

もちろんのことながらお金と言うのはすべての基本であり、生活を営む上でコンシューマーでもビジネスでもなくてはならないものでしょう。
そしてお金の価値と言うものも少しずつ変わってきています。
現物でなければ意味をなさないと言うこと、法定通貨でなければ意味をなさないと言うことから様々な概念が生まれてきています。

実際に、物の交換を行ったり売買をするにあたって法定通貨でなくても仮想通貨がその威力を発揮することがあり、場合によっては仮想通貨の価値が高まったりすることでさらに価値を高めると言う事まで生まれてきています。

この現場を見たときに今後の仮想通貨はどのような位置づけになっていくのでしょうか。まず考えられるのは現金と同じ価値を持つようになり、法定通貨としての位置づけも高まってくると言うことが考えられるかもしれません。

もちろん、コンプライアンスの情報セキュリティーの状態が不安定な仮想通貨は少しずつ淘汰されることにより、今のように世界中で仮想通貨が広がる事は無いかもしれません。少しずつ集約されて取引市場も絞られることになり、従来の通貨と同じような扱いになってくるのかもしれません。場合によっては仮想通貨の現金が株式投資のようにやりとりされる時代もやってくるのではないかと思います。

もちろんのことながら仮想通貨はオンラインでのやりとりが基本となり、ゲームや現物取引、個人的な用途からビジネスに至るまで様々な活用が考えられると思います。しかしながら考えられるシミュレーションとしてはやはり個人での、いわゆるコンシューマ市場での流通が1番想定されるパターンではないかと思います。

さて、仮想通貨の未来についていくつかの推論を上げてきましたが、実際のところ、仮想通貨に代わる新たな通達が出てくる可能性もあります。
それが法定通貨である可能性は低く、新たな形になるでしょう。だからこそ仮想通貨がどのような位置づけになるか今のタイミングからきちんと測っておくことが利用者にとっては重要なことになるでしょう。 

-未分類

Copyright© すぐ稼げる!個人で始めるリモートワークまとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.